点検ロボット
 鋼板の厚み測定を下記のロボットで自動測定することにより、従来の手測定より多くのデータを採取することで、高精度の鋼板の健全性を判断・評価が可能となりました。
  • ロボットは地上からの遠隔操作を動かすでするため従来の足場などの仮設費用が発生しません。
  • 塗膜上から測定可能なため、従来の塗装ケレン及びタッチアップ作業が発生しません。但し塗装が健全でないと測定できません。
  • 測定データを直接パソコンに取り込むため現場でのリアルタイムの確認が可能になりました。
  • 測定箇所の苔や水垢はロボットに搭載されたブラシでの洗浄が可能です。
  • ロボットによる自動測定であるため、手測定による個人差が発生せず高精度の測定が可能です。
△ページトップへ戻る